1. TOP
  2. 受診頂きました皆様へ

受診頂きました皆様へ


◆動脈硬化のメカニズムは?


◆結果報告書の見方

縦軸のsLOX-1の値と横軸のLAB(超悪玉コレステロール)の値を掛け合わせたものがLOX-index ®の値です。

LOX-index ®の値をもとに高リスク、中高リスク、中リスク、低リスクの4段階でリスクを評価しています。

LOX-1は血液から異物を取り除く働きをしている物質です。

このsLOX-1の値が高い方は、血管内での炎症が進んでいると考えられます。

LABは、悪玉コレステロール(LDL)が酸化し、より悪玉化した状態です。

LABの値が高い方は、酸化ストレスが進んでいると考えられます。

◆LOX-indexが高いと…

日本国内で行われた追跡研究の結果、LOX-indexの値が高いと

将来の脳梗塞発症率は約3倍、心筋梗塞発症率は約2倍となることがわかっています。

LOX-index値が高い方は、生活習慣を改善し、予防対策に取り組みましょう。

 

◆結果が中高・高リスクの方

既に動脈硬化が進行している可能性が高いため、血管の硬さや詰まりを調べる検査を受けて、進行状態を確認しましょう。

◆精密検査とは?

二次検査の結果をもとに、更に精密検査を行うか、生活習慣の改善などの予防への

アプローチを行うか、治療対象なのか、医師の診断を受けることをお勧めします。

 

 


 

 

◆LOX-1を下げるためには?


◆LABを下げるためには?